Q&Aタイトル

デリケートな疑問をカテゴリ事にまとめてみました。あなたの悩みにビューティーフェニックスが解決のお手伝いをします。

黒ずみケアのお悩みアドバイス

:「鼻の黒ずみが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

鼻の黒ずみは、古い角質や皮脂、ほこりや老廃物などが毛穴に詰まり酸化して固まり、表面が黒く見えることに起因するのですが、メイクの落とし漏れや過度の洗顔によって引き起こされることが多く、正しい洗顔と洗顔後の毛穴引き締めケアが大切です。
1.入浴中の蒸気や蒸しタオルなどで鼻を温め、毛穴を開き、皮脂汚れを浮き上がりやすい状態にしましょう。
2.デリケートゾーン専用石鹸をたっぷり泡だて、こすりすぎないように優しく洗いましょう。
3.洗顔後、洗顔にかけた時間の数倍の時間でよくすすいだら、最後に水をかけて毛穴を引き締めましょう。
4.その後、化粧水・乳液等でスキンケアをしましょう。
洗顔料は、スクラブや合成界面活性剤の入っていないデリケートゾーン専用石鹸がオススメで、刺激の強い洗顔料はできるだけ使わないようにしましょう。

おすすめの商品
ペマエンジェル 薬用クリアジェル、です。

:「ワキの黒ずみが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

ワキは皮膚がとても薄いデリケートゾーンです。お肌を守るために太い毛が生え、メラニン色素も沈着しやすい部分。しかしながら、かなりの女性が、カミソリや毛抜きを使って無駄毛処理しているので、黒ずみになりやすいのです。
また、衣服の摩擦やムレや制汗剤がワキへの刺激を増幅させ黒ずみの原因になっていることも考えられます。予防策としては、強い力でゴシゴシ擦らず、デリケートゾーン専用石鹸で優しく洗うことをオススメします。
どうしても気になる方は、皮膚を傷つける恐れが少ない剃毛クリームを使うか、 専門のエステサロンやクリニックなどで、脱毛について相談してみてくださいね。

おすすめの商品は、ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「バストの黒ずみが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

バストトップの色や形の殆どが先天的な要因で決定され、元々黒っぽい人もいれば、ピンク色の人もいます。バストトップの黒ずみの原因をご存知でしょうか。それは、自然に体内で生成されるメラニンという色素成分が沈着しているためです。 メラニンは、紫外線や外的刺激から真皮を守るために生成されますが、バストトップの場合は、授乳する際に赤ちゃんが見つけやすいように、そして、赤ちゃんの吸う力から柔らかい先端部分を保護するために、色素が沈着しやすくできているのです。
そして、バストトップの色は、「サイズのあっていないブラ」「加齢」や「女性ホルモンの分泌量」によっても変化します。「サイズの合っていないブラ」をつけていると、バストトップと生地がこすれて摩擦を生み、乳首や乳輪が刺激を受けます。 特にダイエット中やはバストサイズが変わりやすいので要注意。
「加齢」については、肌の新陳代謝のスピードが遅くなったり乱れたりして肌のターンオーバーも遅れ古い角質細胞とともにメラニン色素が沈着し、黒ズミが残ります。しかし、高齢になるとメラニン色素の生成も衰えるため、徐々に薄くピンク色に近づいていきます。
「女性ホルモンの分泌量」は、妊娠や月経によって変化し、女性のバストトップの色も変化します。もともとは赤ちゃんの授乳の準備や抵抗力を高めるためのもの。自然に薄くなることもあるので、妊娠や月経時にバストトップの色が急に濃くなった際には、しばらく様子をみてみてください。
色素沈着したメラニンをゆっくり除去するには、顔やボディー用の美白化粧品を使用してみてはどうでしょうか?

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「ビキニラインの黒ずみが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

ビキニライン(特にVラインとIライン)の黒ずみ(色素沈着)が出来てしまう要因は主に4つ。

①下着や洋服などによる摩擦
肌は摩擦などで刺激を受けると防御反応でメラニンを生成したり、ターンオーバーを早めて角質を厚くします。
ビキニラインは、下着のゴム部分が常に触れていたり、タイトなジーンズなどを履いていると動くたびに擦れるなど、摩擦による刺激を受けやすい部位です。
着用する下着は肌触りのよい天然素材のものを選んだり、タイトなジーンズなどは避けるようにしましょう。
特に、ランニングや自転車に乗る時など、頻繁に脚を動かす動作をする時はビキニラインが摩擦による刺激を受けにくい下着や服装を選ぶようにしてください。

②かぶれ、炎症による刺激
ビキニラインは、汗、おりもの、ボディソープ、生理用ナプキン、ムダ毛の処理、吹き出物などによって、かぶれや炎症が発生することがあります。肌に炎症がおこると、炎症部位に色素沈着を起こす可能性があります。
また、炎症を起こしている肌を掻くと刺激によって色素沈着が起こす原因となります。
薬などを上手に使ってかゆみを鎮めましょう。

③ムダ毛のセルフ処理による刺激や炎症
アンダーヘアをカミソリで剃ると、肌がカミソリによって刺激され、過角化や色素沈着が起こることがあります。
特に毛抜きやワックスで毛を引き抜く処理をすると、傷ついた毛穴に雑菌が入り「毛嚢炎(もうのうえん)」が起きる可能性があります。キレイになる為のムダ毛処理が肌を傷つけ、余計に目立つ色素沈着を起こす
原因なんて考えるとガッカリしてしまいますね。

④ホルモンバランス
妊娠や出産、生理不順などの女性ホルモンバランスの乱れや変化により、ビキニラインをはじめ、顔や体に色素沈着が発生する場合があります。妊娠・出産による黒ずみは、出産後ホルモンの分泌が元の状態に戻れば、色素沈着も落ち着き、黒ずみも数ヶ月で自然に消えますので、それほど心配はいらないでしょう。
生理不順による色素沈着が疑われる場合は、基礎体温を付けてきちんと高体温期と低体温期があるかなどを確認し、異変があれば婦人科を受診するのがオススメです。
ビキニラインの黒ずみを解消するには、まずは摩擦やセルフ脱毛による摩擦を避けることがとても重要。
その上で、デリケートゾーンの美白効果が期待できる石鹸やジェル、クリーム等を根気よく使い続けることにより、黒ずみをかなり改善できます。

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「デリケートゾーンの黒ずみが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

デリケートゾーンの黒ずみは、日本人なら誰しも同じ程度あります。あまり神経質にならず のんびりと日頃のケアをするのが大切です。今すぐ手軽にできることは、日常生活の刺激を抑えること。

①まず下着を少しゆったりめのサイズにしてみましょう。
②下着の素材を綿(コットン)や絹(シルク)といった、通気性がよく、肌への刺激が少ない繊維にしてみましょう。ボクサータイプのショーツがオススメです。
③性器周辺のムダ毛を専門のクリニックで脱毛してみましょう。
ムダ毛をスッキリさせることで、炎症後色素沈着や、かぶれ、湿疹などが出来にくくなるのです。
④デリケートゾーン専用のソープを使ってみましょう。
デリケートゾーンの皮膚は特に敏感なので、美白効果が高く、肌が弱い方にも使えるものを選びましょう。
⑤ゴシゴシ洗わない。
手でやさしく専用のソープなどをふわふわ泡立て、優しく外側を洗います。その際の注意が2つ。膣内は洗わないで下さい。また恥垢は完全に落としきってはいけません。恥垢を完全に落としきると免疫低下につながります。(恥垢は粘膜の保護をしてくれるため)
⑥トイレットペーパーで強く擦らないことです。
ウォシュレットを利用するなど工夫しましょう。
デリケートゾーンはその名の通り非常にデリケートです。皮膚が弱くもともとメラニンの活動も高く黒ずみやすいので、出来ることから順に気長にケアを続けていきましょう!どうしても急いで綺麗な美白にしたいのであれば、美容クリニックに相談してみてください。

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「ヒップの黒ずみが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

お尻が汚く見えてしまうお尻の黒ずみの原因は、長時間のデスクワークなどお尻にかかる圧力による色素沈着による場合が多いと言われています。勉強に集中している学生の方やオフィスワークされている女性は気になりますよね。
ターンオーバーが正常に機能せず、新陳代謝がおこなわれないという現象です。この場合、お尻がガサガサしてゴワつきが気になる人もいると思います。応急処置としてクッションを利用するなどして、刺激を減らすよう努力をしましょう。
座る時間を短くするのは、仕事などによっては難しいと思いますが、下着は肌触りがよい天然素材のものを選ぶなど、なるべく摩擦による刺激を避けるようにしましょう。

お肌は刺激を受けると、防御反応でメラニンを生成します。下着や洋服との摩擦や、座っている時の圧力などの刺激により、お肌がくすんでザラついたり、色素沈着が発生します。特に、締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、お風呂でゴシゴシ洗うのは要注意。
また、垢すりやスクラブなどでゴシゴシこすって角質を落とすのはNGです。一時的にお尻がツルツルになっても、摩擦による刺激で後から色素沈着が発生したり、余計に黒ずみやすいお肌になってしまいます。
また、保湿性の高いデリケートゾーン専用石鹸を使いながら、専用ジェルで保湿することはオススメです。
お尻の黒ずみを解消するために、なるべく刺激を与えないこと、余分な角質を優しく取り除くこと、専用石鹸やジェルなどでしっかりと保湿を行うことの3つを、根気強く続けていきましょう!

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

ニオイケアのお悩みアドバイス

:「口臭が気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

一般的に言われる口臭の原因は、歯周病によるもの、虫歯によるもの、食物残渣(食べカス)、内蔵からくるニオイ、食品からくるニオイに分かれます。
一般的にストレスの多い日本人は、胃炎による消化不良や腸内細菌のバランスの変化などで口臭の元となる菌が増え、口臭がキツくなると言われています。
また病気や投薬によって体調が悪くなることで、体の免疫機能が衰え舌苔が増えたり、唾液がネバネバとしてくるなど、からだ本来の口臭を抑える機能が低下するとも言われています。
歯磨き粉やマウスウオッシュは刺激がキツく、これらが体質的に合わないという人もいますので、歯磨きしても口臭が治らないという場合は、専用のサプリメントなどでの対策が必要です。

今回ご紹介する商品は、緑茶成分で腸内環境を整えることにより口臭を防止しますので、安心して摂取いただけると思います。

おすすめの商品ないしゅです。

:「体臭が気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

体臭は、主に皮膚の雑菌によって汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解され、発生したガス(揮発性成分)が臭うものです。汗をかくと皮膚の上で菌が繁殖しやすくなります。わき、足の裏、頭皮などは、とくに独特のニオイが気になりますね。なぜその部分が臭いやすいのか、ニオイのもとは何か、おおよそわかってきています。

また加齢臭は、分泌のさかんな若い人のニオイとは違い、加齢にともなって分泌する皮脂の成分が変わったり、皮脂が酸化した過酸化脂質が増えることによって生じることがわかってきています。
一般に、皮脂などが多い男性の体臭のほうが女性よりも強いとされています。体臭中に検出される揮発性のニオイ成分も女性よりも男性に多く含まれていることが知られています。
また、女性ホルモンには汗を抑える役割があります。閉経前後に女性は非常に汗をかきやすくなるのは、女性ホルモンが低下するためと考えられます。
また、病気が原因で特有の体臭を放つことがあります。あぶらくさいニオイは脂漏性皮膚炎が原因であることが多く、また糖尿病になると糖の分解が進まないため甘酸っぱいニオイがするといわれます。
また甲状腺機能亢進症やパーキンソン病になると、全身の代謝が亢進し、皮脂腺が刺激され、独特の体臭がでるようになるといわれています。それまでと違う体臭を強く感じるようになったら医師に相談しましょう。

医師に相談しても治らない体臭は、専用の石鹸やサプリで対策をしてみてください!

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートです。

:「ワキのニオイが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

脇の下が臭うのは、汗をかくために臭うのがほとんどです。脇汗は、汗腺から出た直後は無臭なので、細菌の繁殖が防げれば臭いもしないことになります。
ベタつく悪い汗をかく人、汗をかきにくい人は汗腺トレーニングが効果があります。お風呂でトレーニングすることにより、徐々に汗腺機能が高まり、自律神経の働きもよくなるので、良い汗がかけるようになってきます。臭いの元となる汗は、拭いたり抑えたりして臭いを最小限にすることができます。
ワキガ臭は、アポクリン汗が皮膚上に分泌され、皮脂腺から分泌された脂分やエクリン汗と混ざり、それが雑菌によって分解・酸化され、低級脂肪酸、アンモニアなどの物質に変化することで発生します。
ワキガを根治するには手術をするのが一番ですが、ミョウバン石鹸や天然ハーブを使った石鹸などは制汗作用、消臭作用、殺菌作用があるといわれていますので対策をしてみてはいかがでしょうか。

:「加齢臭が気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

加齢臭予防には脂肪酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効とされていますので、専用の石鹸やサプリが有効です。
また、加齢臭が疑われる人のほとんどが内臓脂肪の蓄積した人です。加齢臭が急に強くなってきたら、それは体内でメタボの状態が進行しているサインかもしれませんので、ニオイかが体からの警告であると考え、健康に留意する必要があるでしょう。 暴飲暴食を避け、運動不足、睡眠不足にならないことが大切です。
特に食事は、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを多く含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。
当店で推薦する野菜ジュースは、他社の野菜ジュースと比べてとても美味しく飲みやすいのでお勧めです。

:「デリケートゾーンのニオイが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

デリケートゾーンのにおいの主な原因は、雑菌が繁殖する際に排出される老廃物です。
デリケートゾーンは、高温・多湿という雑菌の繁殖しやすい条件がそろっている環境です。においが気になる方はまず、できる限り通気性のよい下着をつけましょう。
また、入浴時にやさしく洗う、トイレのたびにビデを使うなど、常に清潔に保つように心がけましょう。

デリケートゾーンは、やさしく洗うことが大事ですが、洗うときはまず、手や泡立てネットを使い石けんやボディソープを十分に泡立てて、手のひら全体で包み込むように洗ってから、前から順に粘膜につながる細部を指の腹でやさしく洗っていき、肛門まで洗うようにしましょう。デリケートゾーンは複雑に入り組んだ構造になっていますので、おりものなどの分泌物が乾燥した恥垢(ちこう)と呼ばれる垢や汚れが溜まりやすく、シャワーで流すだけではなかなか落ちません。こすらないように注意しながらも溜まった汚れをやさしく落としてください。

また、デリケートゾーンは、洗い方に気をつけるだけでなく、低刺激で、合成界面活性剤不使用の専用石鹸を使用することをオススメします。デリケートゾーンは、外陰部も含め皮膚が薄い「粘膜」のため、配合されている成分の影響も受けやすい部分です。洗いすぎると、かえってにおいの原因となる可能性があるので、やさしくケアすることを心がけましょう。

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル ジャムウゲルパックです。

:「トイレ後ニオイが気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

トイレをした後のニオイが気になるかた、特に、急にオナラや便臭が臭くなる時は、健康状態に注意が必要です。特にストレスは胃腸の働きや蠕動を悪くして、ガスがくさくなります。ダイをした後、臭いのは、腸内で主に「タンパク質」が分解され「悪玉菌」が増えるときです。
対策の第一は、善玉菌の「乳酸菌」を十分に摂取することです。
第二は、食物繊維です。メカブやモズク等のヌルヌル成分の「アルギン酸やフコイダン」もよいでしょう。
第三はニオイを直接抑える「消臭食物」を同時に摂取することです。ポリフェノール類は植物性の直接消臭機能がありますので、お茶のカテキンなどを十分摂取するのがよいでしょう。
特に、お奨めは、緑茶を原料にしたサプリがいいようです。

おすすめの商品ないしゅです。

ボディケアのお悩みアドバイス

:「乾燥が気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

乾燥肌にとって、もっとも良くないことは「刺激」と「摩擦」。だから、「洗顔石鹸で洗顔」と「水だけ洗顔」の2つしかオススメしません。
まず、「洗顔石鹸」ですが、デリケートゾーン専用石鹸を使ってみてください。「刺激が少なく」・「洗顔の目的を果たせる」ため乾燥肌だけでなくどの肌質であっても洗顔にはもっとも向いていると言えるでしょう。
そもそも洗顔の目的とは、「余分な汚れや皮脂を落とし、肌の水分と油分のバランスを適切な状態にすること」なのです。
しかし、ただ汚れや皮脂をたくさん落とせば良いという訳ではなく、皮脂をたくさん落とし過ぎてしまうと、肌表面が砂漠のように乾燥状態になってしまいますので、専用石鹸で優しく洗い流してみてください。
また、洗顔石鹸でも刺激を感じてしまう方は「水だけ洗顔」がオススメです。洗顔料を使わないため、洗浄剤の刺激が一切ないので、よほどの重度な乾燥肌でない限り刺激は感じないでしょう。
それでも、痛みや違和感がある時は、専門機関やお医者さんに相談するようにしてください。

おすすめの商品ペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「美白の悩み」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

ほとんどの女性が憧れるような美白になりたいなら、界面活性剤など含まず、防腐剤も使わず、酸化防止剤も無添加。もちろん合成香料や合成着色料不使用で安心・安全な美白専用石鹸を使いましょう。
お肌に優しいコールドプロセス製法にて練り上げながらも美白成分として有名な『ホワイト377』や月桃成分が配合されているペマエンエンジェルシリーズの石鹸がオススメです。

おすすめの商品ペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「角質が気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

角質はホコリや汚れなどから肌を守る大切なバリアの働きをしています。肌は常に生まれ変わっていて、角質も役目を終えると自然と剥がれ落ちます。ところが、未熟な角質は自然と剥がれ落ちる力がないため、いつまでも肌にとどまってしまい、 その角質たちが皮脂や化粧品などの油分と混じり合い、角栓となり、剥がれ落ちずに毛穴を塞いで詰まらせてしまうのです。
角栓ケアの下準備は毛穴を自然と開かせてあげること。この除去法は入浴時に行うことで、全身が温まり肌もやわらかい状態になります。できれば半身浴でじっくりと汗をかきましょう!肌がやわらかくなったら、指で顔をやさしく触ってみて、 デリケートゾーン専用石鹸で優しく洗ってください。ザラザラとしている部分があれば、指の腹を使ってそっとこすります。 ポロポロとアカのようなものが出てきたら、それが角栓です。
お風呂から出たら、油分や添加物などをなるべく含まない化粧水でたっぷり水分を与えてあげれば角栓ケアは完了します!

:「バストの悩み」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

バストケアサプリメントの効果効能を最大限に引き出すために知っておくべき最も大きなポイント。それは「サプリを飲む時期」です。
特に生理中は女性ホルモンのバランスが乱れる為、バストアップサプリの服用には注意が必要です。飲むタイミングは寝る前ではなく血の巡りの良い日中に飲むと効果的と言われています。
また、サプリを飲むのであれば、いつもと同じ量ではなく少ない量で体の変化を見極めると副作用のリスクも低くなるでしょう。
あとは、バストが大きくなると信じて飲む!
「本当に効果があるのかなぁ」と言った気持ちで飲むよりも「この口コミ評価の高いサプリメントを飲んだのだから絶対に私も胸が大きくなる!」という前向きな気持ちでサプリメントを飲んでみてはどうでしょうか。
私達がオススメするのはモンドセレクション最高金賞を受賞したサプリです。

:「便秘の悩み」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

便秘は、腸の運動が弱くなることで起こります。活動量や食事量の低下、生活環境の変化で便秘になる方が少なくありません。
○食物繊維を多く含む食品をとる
○水分補給を心がける
○高脂肪の食品をひかえる
○乳酸菌を含む食品をとる
○体を動かすことを心がける
といった対策ももちろん必要ですが、サプリをとって腸内環境を改善する方法で便秘を解消してみましょう!  

おすすめの商品ないしゅです。

:「腸内環境の整え方が気になる」にたいするアドバイス

ページトップに戻る

カテキンは便秘に有効なオリゴ糖と同じで、小腸でほとんど消化されずに大腸まで届きます。お茶(緑茶)に含まれるカテキンは、便秘で弱った悪玉菌優勢の腸内環境を、善玉菌優勢の腸内環境に変えてくれます。お茶(緑茶)は昔から殺菌作用があると言われています。ところが、カテキンの殺菌作用というのは悪玉菌だけで、善玉菌を自然に増やしてくれる、便秘にはもってこいの成分なのです。
悪玉菌が多いと腸が弱り、善玉菌が多いと腸は元気になります。 お茶(緑茶)カテキンで改善された腸は、蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。また、お茶(緑茶)カテキンはでんぷんとくっつきやすく、大腸まで届き、善玉菌によって分解されます。お茶(緑茶)で便秘が解消されても下痢になったという話はほとんど聞いたことがありません。それほどお茶(緑茶)のカテキンは便秘に有効なのです。

おすすめの商品ないしゅ、です。

Q&Aタイトル

デリケートな疑問をカテゴリ事にまとめてみました。あなたの悩みにビューティーフェニックスが解決のお手伝いをします。

黒ずみケアのお悩みアドバイス

:「鼻の黒ずみが気になる」
にたいするアドバイス

鼻の黒ずみは、古い角質や皮脂、ほこりや老廃物などが毛穴に詰まり酸化して固まり、表面が黒く見えることに起因するのですが、メイクの落とし漏れや過度の洗顔によって引き起こされることが多く、正しい洗顔と洗顔後の毛穴引き締めケアが大切です。
1.入浴中の蒸気や蒸しタオルなどで鼻を温め、毛穴を開き、皮脂汚れを浮き上がりやすい状態にしましょう。
2.デリケートゾーン専用石鹸をたっぷり泡だて、こすりすぎないように優しく洗いましょう。
3.洗顔後、洗顔にかけた時間の数倍の時間でよくすすいだら、最後に水をかけて毛穴を引き締めましょう。
4.その後、化粧水・乳液等でスキンケアをしましょう。
洗顔料は、スクラブや合成界面活性剤の入っていないデリケートゾーン専用石鹸がオススメで、刺激の強い洗顔料はできるだけ使わないようにしましょう。

おすすめの商品
ペマエンジェル 薬用クリアジェル、です。

:「ワキの黒ずみが気になる」
にたいするアドバイス

ワキは皮膚がとても薄いデリケートゾーンです。お肌を守るために太い毛が生え、メラニン色素も沈着しやすい部分。しかしながら、かなりの女性が、カミソリや毛抜きを使って無駄毛処理しているので、黒ずみになりやすいのです。
また、衣服の摩擦やムレや制汗剤がワキへの刺激を増幅させ黒ずみの原因になっていることも考えられます。予防策としては、強い力でゴシゴシ擦らず、デリケートゾーン専用石鹸で優しく洗うことをオススメします。
どうしても気になる方は、皮膚を傷つける恐れが少ない剃毛クリームを使うか、 専門のエステサロンやクリニックなどで、脱毛について相談してみてくださいね。

おすすめの商品は、ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「バストの黒ずみが気になる」
にたいするアドバイス

バストトップの色や形の殆どが先天的な要因で決定され、元々黒っぽい人もいれば、ピンク色の人もいます。バストトップの黒ずみの原因をご存知でしょうか。それは、自然に体内で生成されるメラニンという色素成分が沈着しているためです。 メラニンは、紫外線や外的刺激から真皮を守るために生成されますが、バストトップの場合は、授乳する際に赤ちゃんが見つけやすいように、そして、赤ちゃんの吸う力から柔らかい先端部分を保護するために、色素が沈着しやすくできているのです。
そして、バストトップの色は、「サイズのあっていないブラ」「加齢」や「女性ホルモンの分泌量」によっても変化します。「サイズの合っていないブラ」をつけていると、バストトップと生地がこすれて摩擦を生み、乳首や乳輪が刺激を受けます。 特にダイエット中やはバストサイズが変わりやすいので要注意。
「加齢」については、肌の新陳代謝のスピードが遅くなったり乱れたりして肌のターンオーバーも遅れ古い角質細胞とともにメラニン色素が沈着し、黒ズミが残ります。しかし、高齢になるとメラニン色素の生成も衰えるため、徐々に薄くピンク色に近づいていきます。
「女性ホルモンの分泌量」は、妊娠や月経によって変化し、女性のバストトップの色も変化します。もともとは赤ちゃんの授乳の準備や抵抗力を高めるためのもの。自然に薄くなることもあるので、妊娠や月経時にバストトップの色が急に濃くなった際には、しばらく様子をみてみてください。
色素沈着したメラニンをゆっくり除去するには、顔やボディー用の美白化粧品を使用してみてはどうでしょうか?

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「ビキニラインの黒ずみが気になる」
にたいするアドバイス

ビキニライン(特にVラインとIライン)の黒ずみ(色素沈着)が出来てしまう要因は主に4つ。

①下着や洋服などによる摩擦
肌は摩擦などで刺激を受けると防御反応でメラニンを生成したり、ターンオーバーを早めて角質を厚くします。
ビキニラインは、下着のゴム部分が常に触れていたり、タイトなジーンズなどを履いていると動くたびに擦れるなど、摩擦による刺激を受けやすい部位です。
着用する下着は肌触りのよい天然素材のものを選んだり、タイトなジーンズなどは避けるようにしましょう。
特に、ランニングや自転車に乗る時など、頻繁に脚を動かす動作をする時はビキニラインが摩擦による刺激を受けにくい下着や服装を選ぶようにしてください。

②かぶれ、炎症による刺激
ビキニラインは、汗、おりもの、ボディソープ、生理用ナプキン、ムダ毛の処理、吹き出物などによって、かぶれや炎症が発生することがあります。肌に炎症がおこると、炎症部位に色素沈着を起こす可能性があります。
また、炎症を起こしている肌を掻くと刺激によって色素沈着が起こす原因となります。
薬などを上手に使ってかゆみを鎮めましょう。

③ムダ毛のセルフ処理による刺激や炎症
アンダーヘアをカミソリで剃ると、肌がカミソリによって刺激され、過角化や色素沈着が起こることがあります。
特に毛抜きやワックスで毛を引き抜く処理をすると、傷ついた毛穴に雑菌が入り「毛嚢炎(もうのうえん)」が起きる可能性があります。キレイになる為のムダ毛処理が肌を傷つけ、余計に目立つ色素沈着を起こす
原因なんて考えるとガッカリしてしまいますね。

④ホルモンバランス
妊娠や出産、生理不順などの女性ホルモンバランスの乱れや変化により、ビキニラインをはじめ、顔や体に色素沈着が発生する場合があります。妊娠・出産による黒ずみは、出産後ホルモンの分泌が元の状態に戻れば、色素沈着も落ち着き、黒ずみも数ヶ月で自然に消えますので、それほど心配はいらないでしょう。
生理不順による色素沈着が疑われる場合は、基礎体温を付けてきちんと高体温期と低体温期があるかなどを確認し、異変があれば婦人科を受診するのがオススメです。
ビキニラインの黒ずみを解消するには、まずは摩擦やセルフ脱毛による摩擦を避けることがとても重要。
その上で、デリケートゾーンの美白効果が期待できる石鹸やジェル、クリーム等を根気よく使い続けることにより、黒ずみをかなり改善できます。

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「デリケートゾーンの黒ずみが気になる」
にたいするアドバイス

デリケートゾーンの黒ずみは、日本人なら誰しも同じ程度あります。あまり神経質にならず のんびりと日頃のケアをするのが大切です。今すぐ手軽にできることは、日常生活の刺激を抑えること。

①まず下着を少しゆったりめのサイズにしてみましょう。
②下着の素材を綿(コットン)や絹(シルク)といった、通気性がよく、肌への刺激が少ない繊維にしてみましょう。ボクサータイプのショーツがオススメです。
③性器周辺のムダ毛を専門のクリニックで脱毛してみましょう。
ムダ毛をスッキリさせることで、炎症後色素沈着や、かぶれ、湿疹などが出来にくくなるのです。
④デリケートゾーン専用のソープを使ってみましょう。
デリケートゾーンの皮膚は特に敏感なので、美白効果が高く、肌が弱い方にも使えるものを選びましょう。
⑤ゴシゴシ洗わない。
手でやさしく専用のソープなどをふわふわ泡立て、優しく外側を洗います。その際の注意が2つ。膣内は洗わないで下さい。また恥垢は完全に落としきってはいけません。恥垢を完全に落としきると免疫低下につながります。(恥垢は粘膜の保護をしてくれるため)
⑥トイレットペーパーで強く擦らないことです。
ウォシュレットを利用するなど工夫しましょう。
デリケートゾーンはその名の通り非常にデリケートです。皮膚が弱くもともとメラニンの活動も高く黒ずみやすいので、出来ることから順に気長にケアを続けていきましょう!どうしても急いで綺麗な美白にしたいのであれば、美容クリニックに相談してみてください。

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「ヒップの黒ずみが気になる」
にたいするアドバイス

お尻が汚く見えてしまうお尻の黒ずみの原因は、長時間のデスクワークなどお尻にかかる圧力による色素沈着による場合が多いと言われています。勉強に集中している学生の方やオフィスワークされている女性は気になりますよね。
ターンオーバーが正常に機能せず、新陳代謝がおこなわれないという現象です。この場合、お尻がガサガサしてゴワつきが気になる人もいると思います。応急処置としてクッションを利用するなどして、刺激を減らすよう努力をしましょう。
座る時間を短くするのは、仕事などによっては難しいと思いますが、下着は肌触りがよい天然素材のものを選ぶなど、なるべく摩擦による刺激を避けるようにしましょう。

お肌は刺激を受けると、防御反応でメラニンを生成します。下着や洋服との摩擦や、座っている時の圧力などの刺激により、お肌がくすんでザラついたり、色素沈着が発生します。特に、締め付けのきつい下着やナイロン製の下着、お風呂でゴシゴシ洗うのは要注意。
また、垢すりやスクラブなどでゴシゴシこすって角質を落とすのはNGです。一時的にお尻がツルツルになっても、摩擦による刺激で後から色素沈着が発生したり、余計に黒ずみやすいお肌になってしまいます。
また、保湿性の高いデリケートゾーン専用石鹸を使いながら、専用ジェルで保湿することはオススメです。
お尻の黒ずみを解消するために、なるべく刺激を与えないこと、余分な角質を優しく取り除くこと、専用石鹸やジェルなどでしっかりと保湿を行うことの3つを、根気強く続けていきましょう!

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

ニオイケアのお悩みアドバイス

:「口臭が気になる」にたいするアドバイス

一般的に言われる口臭の原因は、歯周病によるもの、虫歯によるもの、食物残渣(食べカス)、内蔵からくるニオイ、食品からくるニオイに分かれます。
一般的にストレスの多い日本人は、胃炎による消化不良や腸内細菌のバランスの変化などで口臭の元となる菌が増え、口臭がキツくなると言われています。
また病気や投薬によって体調が悪くなることで、体の免疫機能が衰え舌苔が増えたり、唾液がネバネバとしてくるなど、からだ本来の口臭を抑える機能が低下するとも言われています。
歯磨き粉やマウスウオッシュは刺激がキツく、これらが体質的に合わないという人もいますので、歯磨きしても口臭が治らないという場合は、専用のサプリメントなどでの対策が必要です。

今回ご紹介する商品は、緑茶成分で腸内環境を整えることにより口臭を防止しますので、安心して摂取いただけると思います。

おすすめの商品ないしゅです。

:「体臭が気になる」にたいするアドバイス

体臭は、主に皮膚の雑菌によって汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解され、発生したガス(揮発性成分)が臭うものです。汗をかくと皮膚の上で菌が繁殖しやすくなります。わき、足の裏、頭皮などは、とくに独特のニオイが気になりますね。なぜその部分が臭いやすいのか、ニオイのもとは何か、おおよそわかってきています。

また加齢臭は、分泌のさかんな若い人のニオイとは違い、加齢にともなって分泌する皮脂の成分が変わったり、皮脂が酸化した過酸化脂質が増えることによって生じることがわかってきています。
一般に、皮脂などが多い男性の体臭のほうが女性よりも強いとされています。体臭中に検出される揮発性のニオイ成分も女性よりも男性に多く含まれていることが知られています。
また、女性ホルモンには汗を抑える役割があります。閉経前後に女性は非常に汗をかきやすくなるのは、女性ホルモンが低下するためと考えられます。
また、病気が原因で特有の体臭を放つことがあります。あぶらくさいニオイは脂漏性皮膚炎が原因であることが多く、また糖尿病になると糖の分解が進まないため甘酸っぱいニオイがするといわれます。
また甲状腺機能亢進症やパーキンソン病になると、全身の代謝が亢進し、皮脂腺が刺激され、独特の体臭がでるようになるといわれています。それまでと違う体臭を強く感じるようになったら医師に相談しましょう。

医師に相談しても治らない体臭は、専用の石鹸やサプリで対策をしてみてください!

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートです。

:「ワキのニオイが気になる」
にたいするアドバイス

脇の下が臭うのは、汗をかくために臭うのがほとんどです。脇汗は、汗腺から出た直後は無臭なので、細菌の繁殖が防げれば臭いもしないことになります。
ベタつく悪い汗をかく人、汗をかきにくい人は汗腺トレーニングが効果があります。お風呂でトレーニングすることにより、徐々に汗腺機能が高まり、自律神経の働きもよくなるので、良い汗がかけるようになってきます。臭いの元となる汗は、拭いたり抑えたりして臭いを最小限にすることができます。
ワキガ臭は、アポクリン汗が皮膚上に分泌され、皮脂腺から分泌された脂分やエクリン汗と混ざり、それが雑菌によって分解・酸化され、低級脂肪酸、アンモニアなどの物質に変化することで発生します。
ワキガを根治するには手術をするのが一番ですが、ミョウバン石鹸や天然ハーブを使った石鹸などは制汗作用、消臭作用、殺菌作用があるといわれていますので対策をしてみてはいかがでしょうか。

:「加齢臭が気になる」
にたいするアドバイス

加齢臭予防には脂肪酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効とされていますので、専用の石鹸やサプリが有効です。
また、加齢臭が疑われる人のほとんどが内臓脂肪の蓄積した人です。加齢臭が急に強くなってきたら、それは体内でメタボの状態が進行しているサインかもしれませんので、ニオイかが体からの警告であると考え、健康に留意する必要があるでしょう。 暴飲暴食を避け、運動不足、睡眠不足にならないことが大切です。
特に食事は、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを多く含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。
当店で推薦する野菜ジュースは、他社の野菜ジュースと比べてとても美味しく飲みやすいのでお勧めです。

:「デリケートゾーンのニオイが気になる」
にたいするアドバイス

デリケートゾーンのにおいの主な原因は、雑菌が繁殖する際に排出される老廃物です。
デリケートゾーンは、高温・多湿という雑菌の繁殖しやすい条件がそろっている環境です。においが気になる方はまず、できる限り通気性のよい下着をつけましょう。
また、入浴時にやさしく洗う、トイレのたびにビデを使うなど、常に清潔に保つように心がけましょう。

デリケートゾーンは、やさしく洗うことが大事ですが、洗うときはまず、手や泡立てネットを使い石けんやボディソープを十分に泡立てて、手のひら全体で包み込むように洗ってから、前から順に粘膜につながる細部を指の腹でやさしく洗っていき、肛門まで洗うようにしましょう。デリケートゾーンは複雑に入り組んだ構造になっていますので、おりものなどの分泌物が乾燥した恥垢(ちこう)と呼ばれる垢や汚れが溜まりやすく、シャワーで流すだけではなかなか落ちません。こすらないように注意しながらも溜まった汚れをやさしく落としてください。

また、デリケートゾーンは、洗い方に気をつけるだけでなく、低刺激で、合成界面活性剤不使用の専用石鹸を使用することをオススメします。デリケートゾーンは、外陰部も含め皮膚が薄い「粘膜」のため、配合されている成分の影響も受けやすい部分です。洗いすぎると、かえってにおいの原因となる可能性があるので、やさしくケアすることを心がけましょう。

おすすめの商品ペマエンジェル レディハートペマエンジェル ジャムウゲルパックです。

:「トイレ後ニオイが気になる」
にたいするアドバイス

トイレをした後のニオイが気になるかた、特に、急にオナラや便臭が臭くなる時は、健康状態に注意が必要です。特にストレスは胃腸の働きや蠕動を悪くして、ガスがくさくなります。ダイをした後、臭いのは、腸内で主に「タンパク質」が分解され「悪玉菌」が増えるときです。
対策の第一は、善玉菌の「乳酸菌」を十分に摂取することです。
第二は、食物繊維です。メカブやモズク等のヌルヌル成分の「アルギン酸やフコイダン」もよいでしょう。
第三はニオイを直接抑える「消臭食物」を同時に摂取することです。ポリフェノール類は植物性の直接消臭機能がありますので、お茶のカテキンなどを十分摂取するのがよいでしょう。
特に、お奨めは、緑茶を原料にしたサプリがいいようです。

おすすめの商品ないしゅです。

ボディケアのお悩みアドバイス

:「乾燥が気になる」にたいするアドバイス

乾燥肌にとって、もっとも良くないことは「刺激」と「摩擦」。だから、「洗顔石鹸で洗顔」と「水だけ洗顔」の2つしかオススメしません。
まず、「洗顔石鹸」ですが、デリケートゾーン専用石鹸を使ってみてください。「刺激が少なく」・「洗顔の目的を果たせる」ため乾燥肌だけでなくどの肌質であっても洗顔にはもっとも向いていると言えるでしょう。
そもそも洗顔の目的とは、「余分な汚れや皮脂を落とし、肌の水分と油分のバランスを適切な状態にすること」なのです。
しかし、ただ汚れや皮脂をたくさん落とせば良いという訳ではなく、皮脂をたくさん落とし過ぎてしまうと、肌表面が砂漠のように乾燥状態になってしまいますので、専用石鹸で優しく洗い流してみてください。
また、洗顔石鹸でも刺激を感じてしまう方は「水だけ洗顔」がオススメです。洗顔料を使わないため、洗浄剤の刺激が一切ないので、よほどの重度な乾燥肌でない限り刺激は感じないでしょう。
それでも、痛みや違和感がある時は、専門機関やお医者さんに相談するようにしてください。

おすすめの商品ペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「美白の悩み」にたいするアドバイス

ほとんどの女性が憧れるような美白になりたいなら、界面活性剤など含まず、防腐剤も使わず、酸化防止剤も無添加。もちろん合成香料や合成着色料不使用で安心・安全な美白専用石鹸を使いましょう。
お肌に優しいコールドプロセス製法にて練り上げながらも美白成分として有名な『ホワイト377』や月桃成分が配合されているペマエンエンジェルシリーズの石鹸がオススメです。

おすすめの商品ペマエンジェル 薬用クリアジェルです。

:「角質が気になる」にたいするアドバイス

角質はホコリや汚れなどから肌を守る大切なバリアの働きをしています。肌は常に生まれ変わっていて、角質も役目を終えると自然と剥がれ落ちます。ところが、未熟な角質は自然と剥がれ落ちる力がないため、いつまでも肌にとどまってしまい、 その角質たちが皮脂や化粧品などの油分と混じり合い、角栓となり、剥がれ落ちずに毛穴を塞いで詰まらせてしまうのです。
角栓ケアの下準備は毛穴を自然と開かせてあげること。この除去法は入浴時に行うことで、全身が温まり肌もやわらかい状態になります。できれば半身浴でじっくりと汗をかきましょう!肌がやわらかくなったら、指で顔をやさしく触ってみて、 デリケートゾーン専用石鹸で優しく洗ってください。ザラザラとしている部分があれば、指の腹を使ってそっとこすります。 ポロポロとアカのようなものが出てきたら、それが角栓です。
お風呂から出たら、油分や添加物などをなるべく含まない化粧水でたっぷり水分を与えてあげれば角栓ケアは完了します!

:「バストの悩み」にたいするアドバイス

バストケアサプリメントの効果効能を最大限に引き出すために知っておくべき最も大きなポイント。それは「サプリを飲む時期」です。
特に生理中は女性ホルモンのバランスが乱れる為、バストアップサプリの服用には注意が必要です。飲むタイミングは寝る前ではなく血の巡りの良い日中に飲むと効果的と言われています。
また、サプリを飲むのであれば、いつもと同じ量ではなく少ない量で体の変化を見極めると副作用のリスクも低くなるでしょう。
あとは、バストが大きくなると信じて飲む!
「本当に効果があるのかなぁ」と言った気持ちで飲むよりも「この口コミ評価の高いサプリメントを飲んだのだから絶対に私も胸が大きくなる!」という前向きな気持ちでサプリメントを飲んでみてはどうでしょうか。
私達がオススメするのはモンドセレクション最高金賞を受賞したサプリです。

:「便秘の悩み」にたいするアドバイス

便秘は、腸の運動が弱くなることで起こります。活動量や食事量の低下、生活環境の変化で便秘になる方が少なくありません。
○食物繊維を多く含む食品をとる
○水分補給を心がける
○高脂肪の食品をひかえる
○乳酸菌を含む食品をとる
○体を動かすことを心がける
といった対策ももちろん必要ですが、サプリをとって腸内環境を改善する方法で便秘を解消してみましょう!  

おすすめの商品ないしゅです。

:「腸内環境の整え方が気になる」
にたいするアドバイス

カテキンは便秘に有効なオリゴ糖と同じで、小腸でほとんど消化されずに大腸まで届きます。お茶(緑茶)に含まれるカテキンは、便秘で弱った悪玉菌優勢の腸内環境を、善玉菌優勢の腸内環境に変えてくれます。お茶(緑茶)は昔から殺菌作用があると言われています。ところが、カテキンの殺菌作用というのは悪玉菌だけで、善玉菌を自然に増やしてくれる、便秘にはもってこいの成分なのです。
悪玉菌が多いと腸が弱り、善玉菌が多いと腸は元気になります。 お茶(緑茶)カテキンで改善された腸は、蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。また、お茶(緑茶)カテキンはでんぷんとくっつきやすく、大腸まで届き、善玉菌によって分解されます。お茶(緑茶)で便秘が解消されても下痢になったという話はほとんど聞いたことがありません。それほどお茶(緑茶)のカテキンは便秘に有効なのです。

おすすめの商品ないしゅ、です。